毒草一覧次の花
ヤツデ



葉が手の形に似ていて切り込みの多いことを「八」の数字で表現して「八つ手」と名づけられています。毒性はあまり強くない。公害に強いので庭先や公園などでよく栽培されています。


毒草名  ヤツデ、テングノハウチワ、テングッパ、オニノテ、ヌスットノテ、ウシオーギ
学 名  Fatsia japonica
特 性  ウコギ科 ヤツデ属、固い絆で結ばれた雌雄異株の常緑低木
花 期  10〜11月、果期 4〜5月
仲 間  リュウキュウヤツデ、タイワンヤツデ、ムニンヤツデ、フクリンヤツデ、キモンヤツデ、ヤグルマヤツデ、チヂミバヤツデ、キアミガタヤツデ
毒部位  葉、根
成 分  サポニン(Saponin)、タンニン(Tannin)、ファトシン
症 状  嘔吐、腹痛、下痢、麻痺、胃腸炎、魚毒


 

 





昔はヤツデの葉を細かく刻み便槽に撒き、蛆殺しに使っていました。


 

果実は黒く熟し鳥の餌になります。そして種子は鳥の糞と一緒に排出され広がっていきます。


 

 



-------- カミヤツデ(通達木) --------
Tetrapanax papyriferum K. KOCH

 

お・お・おおきい....。通草紙(つうそうし)という水中花などを作る紙の原料になっている。




≪MEMO≫
・葉は奇数(7または9)に裂けるのが普通なので8つに裂けるのは稀。
・花は雄から雌に転換する。
・属名の「Fatsia」は和名の「八手」の音読み「ハッシュ」に由来している。
・葉を乾燥させたものが生薬の「八角金盤(はっかくきんばん)」


毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS